2015/12/03

冬といえばお湯割!

冬といえばお湯割の季節です。

温かい料理の前で、芋焼酎の香りを楽しみながら呑む焼酎は最高の贅沢ではないでしょうか。

今回は、「お湯割の作り方」と「お湯割の心得」をご紹介いたします。

お湯割の基本は、お湯が先です。

焼酎を後から入れることによって、お湯と焼酎がよく混ざり合いバランスの良いお湯割が出来上がります。

また、お湯と焼酎の割合は5:5がお勧め。

70度〜80度のお湯でお湯割を作ると、呑むのにちょうど良い焼酎になります。

そして、もう一つは「焼酎」を「笑酎」にするための心得です。

焼酎は、おいしく呑むことはもちろん大切ですが、やはり呑むからには一人ではなくみんなでワイワイガヤガヤ楽しみながら呑むことも大切です。

みんなで楽しく、焼酎を呑んで「焼酎」を「笑酎」にしましょう!

お湯割り  焼酎の心得

それでは、今夜も芋焼酎で乾杯!

  • ※画像クリックで拡大表示されます。

カレンダー

<< 2018年11月 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事一覧

2018/10/17
【イベント】鹿児島の伝統行事「妙円寺詣り」に出店いたします!
2018/10/13
蔵人たちが芋の収穫を行いました!
2018/10/09
大盛況の2日間! THE GREAT SATSUMANIAN HESTIVAL
2018/10/06
【イベント】 THE GREAT SATSUMANIAN開催!
2018/09/01
【蔵元日記】 朝掘り式が行われました

検索

キーワード

ジャンル選択

ページの先頭へ