いきつけ探訪 なじみ一覧へ

いきつけ探訪 なじみ

【神奈川】 おでん石川屋

今回紹介するお店は横浜市中区元町にあります「おでん石川屋」さんです。
明治6年(1873年)創業の常連のお客様に愛され続けてきた超老舗のお店です。
横浜の元町と言えば日本のグルメやファッションをリードしてきた元町発祥ブランドが軒を連ねたおしゃれでセレブな街です。
そんな街並みの中昭和の雰囲気を今に残す店構えは存在感があり素敵です。                                                                                           

店内に入るとやわらかく「く」の字に曲がったカウンターが出迎えてくれます。
4人掛けのテーブルが2つ右手の壁際にあり、2Fは10席ほどの座敷もあります。
お店は女将さんとご長女さん(曜日によって義理の妹さん)、ご長男さんの3人で切盛りされております。                                      

まずはやっぱりおでん。どれも美味しそうでなので盛り合わせをいただきます。
おでんのつゆにはほんの僅かしか醤油は使われておらず、素材から出る旨味が深い味わいを醸し出し、優しい香りは一層に食欲を増します。
出汁の味わいが深く染み込んだ大根、鯵のつみれ、飯蛸などどれも美味しいですがなかでも自家製きんちゃく(しらたき、キャベツ、鶏の挽肉)はジューシーで焼酎との相性も抜群です。                                       

ご長男さんは近くの関内の料飲店で10年間働かれていましたが、今年3月に戻られてメニューも以前より豊富になりました。
おススメのお刺身を盛り合わせで、そしてあさりの酒蒸しをいただきました。
おでん屋さんと言いつつも今が旬の鯵やホタルイカなど新鮮なお刺身や小料理がいただけるのはお酒好きにはとてもありがたいです。                                                

博多といえば、焼き鳥です。豚バラ、つくね、レバー、鳥皮、四つ身、美味し過ぎます。                                           一本一本に丁寧さとこだわりを感じるワンランク上の焼き鳥です。

最後に「山芋鉄板めんたい入り」、ふわっふわっの山芋の中に明太子がたっぷりと入った                                                           贅沢な味わい、山芋と明太子って何でこんなに合うんでしょうか。

キープ棚には赤猿がぎっしり、ありがたいです。すべての料理に対してこだわりがあって                                                             あっという間に時間が過ぎてしまう、そんな居心地の良い空間にきっと満足するはず。                                                            ぜひ一度行って下さい。  大将!ごちそうさまでした!  

 

お店情報
店名:石川屋
住所:神奈川県横浜市中区元町5-190
TEL :045-641-0535
営業時間:17:00〜23:00 
定休日:月曜日
アクセス:JR石川町駅南口(元町側)から徒歩3分、地下鉄元町中華街駅より8分
予算:3,000円〜
飲める焼酎:小鶴くろ・赤猿

いきつけ探訪 なじみ一覧へ

ページの先頭へ