いきつけ探訪 なじみ一覧へ

いきつけ探訪 なじみ

【神奈川】 すし屋の笹八

すし屋の笹八



●アットホームな雰囲気のお寿司屋さん

新丸子駅西口から商店街に進んで徒歩3分の「すし屋の笹八」様を訪問しました。

すし屋の笹八

すし屋の笹八

お店はアットホームな雰囲気で、会社関係の方から、子供連れの家族のお客様まで幅広く来店されます。
お得なランチも好評で、人気のお店です。

小正醸造とはオープン当初からご縁があり、メローコヅルをお取り扱いいただいておりました。
その頃は今のように焼酎が多くなかったそうです。



●新鮮で美味しい海の幸

まずは本日のお薦めのお刺身をいただきます。
(まぐろ(中トロ)、ヒラメ、かんぱち、赤貝、ほたて、平貝、ホッキ貝、いわし、子持ち昆布、真だこ)

すし屋の笹八本日のお勧めお刺身

築地から仕入れたその日お薦めの新鮮なお刺身です。
種類も豊富で食べるのが楽しくなります。

次は串焼きセットを注文。
(赤貝の肝、ホッキ貝、穴子の肝、ヒラメの縁側)

すし屋の笹八

上品な味わいで、どれも焼酎との相性も抜群です!


すし屋の笹八白子ぽん酢

白子ポン酢(真だら)は11月〜2月上旬しか食べられない旬の一品。
口の中で雪の様にとろけます。

すし屋の笹八蟹の甲羅焼き

こちらも今が旬。
ズワイガニの身と味噌と子供(卵)をまぜて焼いた、こだわりの品です。
旨みが凝縮した濃厚な味わいでグラスが進みます。

最後にお楽しみのにぎりをいただきました。
(まぐろ、ヒラメ、コハダ、エビ、穴子)

すし屋の笹八握り

お店の看板でもあるご自慢の江戸前のにぎり。
美味しかったです!ごちそうさまでした。



●気軽に入れるお寿司屋さん

すし屋の笹八店内

すし屋の笹八は、1991年12月にお店をオープン。
お店の名前の由来は「青竹のように大地に根を張って、真っ直ぐ世の中に育ってほしい」と願いを込めて命名されたそうです。
サラリーマンから家族連れまで、幅広くご来店される気軽に入れるお寿司屋さんです。

すし屋の笹八焼酎メニュー

すし屋の笹八焼酎

焼酎はありがたいことに小正醸造の竹山源酔むぎいちメローコヅルの芋・麦・米3種を置いていただいております。

麦焼酎むぎいちは雰囲気ある徳利で提供しております。

すし屋の笹八焼酎むぎいち


焼酎は、1杯からの提供とボトルでもご注文いただけます。
ランチもございますので、お近くの際はぜひお立ち寄りください。

お店情報
店名 すし屋の笹八
住所 神奈川県川崎市中原区小杉町1-528-3
TEL 044-733-5769
営業時間 ランチ 11:30〜14:00 夜 17:00〜22:30
定休日 月曜日
アクセス 東急電鉄 新丸子駅
予算 3,000〜5,000円
飲める焼酎 メローコヅルエクセレンス、竹山源酔、むぎいち(徳利提供)

いきつけ探訪 なじみ一覧へ

ページの先頭へ